GO FORWARD

 
 

 

GO
FORWARD

 

 
 
 
 

COMPANY

会社案内

安心・安全・信頼をモットーに
様々なプランをご提案いたします。 

STRENGTH

当社の強み

〇先駆けた安全対策と実績


 元請けは、自社内では既にフルハーネスの着用を行っておりますが、下請け・協力会社に対して義務付けはしておりません。しかし、当社は下請けや協力会社に対して当社で購入したフルハーネスを支給して安全対策に取り組んでおります。特に足場組み立て作業等の場合においては重要な安全対策です。
 また、安全帯の二丁掛けについては、当初より他に先駆けて実施しています。
フォークリフトでタンクの積み込み積み下ろしを行う場合や、クレーンで重いものを吊り上げて移動させる場合、地上5m以上の作業になる場合などは、周囲に近づかないよう心掛けております。

弊社には、個人事業主の頃から通算8年で事故率0%の実續があります。


〇経験とノウハウからなる高い技術力


 複雑な建物に足場を掛ける場合、広さと高さを作業者が丁度いい位置に設定できます。
これに関しては、他社で対応困難な事例を幾つも対応させて戴いた実績がございます。

〇適正な人材を手配できるネットワークカ


 安易に何でも請け負うことなく、安全性、適正性を考えて足場なら足場のプロ、配管なら配管のプロを配置できるだけのネットワークを有しております。

SAFETY

安全対策

〇フルハーネス型安全帯利用の徹底

厚生労働省は、2018年度から2022年度までを期間とする「第13次労働災害防止計画」をまとめ、建設業界の死亡事故でもっとも多い「墜落・転落」の防止するために、2018年度の建設業の労働防止対策の重点施策としてフルハーネス型安全帯着用の義務化を発表しました。以前からフルハーネス型安全帯の着用義務化は予想されていましたが、弊社はその発表前から現場においてフルハーネス型安全帯の利用を徹底し続けております。

〇フルハーネス型安全帯とは


(厚生労働省「正しく使おう フルハーネス」より)


従来の胴ベルト型では、腰に1本のベルトを装着するため、墜落阻止時に体が抜け出すリスクや墜落阻止時に体が「くの字」になり、胸部や腹部を圧迫してしまう危険があります。しかしフルハーネス型安全帯は、胴だけではなく肩や腿にもベルトを装着しますので、抜ける心配もありませんし、衝撃も分散することができます。

フルハーネス型安全帯の必要性に関する研究紹介.pdf

◯弊社の安全性確保のための重点実施項目

1

第一線作業者までの周知

・工事内容、安全指示項目の確実な伝達

・伝わったことの確認

2

工事着工前までの準備の徹底

・現地確認

・事前検討の実施

・作業手順の摺合せ

3

上下作業の禁止、近接作業の回避

・確実な事前調査の実施

・物品下落防止処置

4

墜落、転落の防止

・安全帯二丁掛け、取元クランプの使用徹底

・階段、梯子昇降時の3点支持

・開口部の迅速養生

5

スポット作業者の適正配置

・受入教育の確実な実施

・技量確認による適正配置

6

安全管理体制変更時の連絡

・作業方法変更時の仕切り直し

7

熱中症防止対策

・水分、塩分、休憩の確保

・体調管理

8

不安全行動撲滅に向けた、各工事部会取り決め事項の徹底

・機械部会:高所作業での安全帯使用

・電計部会:脚立、梯子作業の安全対策

・土木部会:不安全状態、不安全行動をなくす

9

被液災害撲滅

・マーキングルールの遵守

・保護具着用の厳守

10

重量物取扱い玉掛け要領、手順の遵守

・ワイヤーロープ選定手順の遵守

SERVICE

事業内容

①プラント設備工事
機械器具設置工事
足場等仮設工事
運搬機器設置工事
②一般管工事、大工工事、解体工事並びに防音工事
③建設機械の運搬据付
④重量物の楊重運搬配置工事
⑤ダクトエ事
⑥鉄骨、鉄筋工事
⑦配管工事
⑧建設機械、器具及び建築資材の運搬
⑨エクステリアエ事
⑩外構工事

RECRUIT

採用情報


経験者・未経験者どちらであっても、本当にやる気があり、職人になりたいと強く思う人を求めています!

ACCESS

アクセス

総合建設 
一二三総業株式会社

〒807-0001
福岡県遠賀郡水巻町猪熊8-12-42